トップ

無宗教葬儀とはなにか

葬儀の際に悩む事

弔辞

葬儀の際の宗教をどうしますか

葬儀の際、いわゆる家族葬や無宗教葬というものが増加しています。中には専門的な業者も出てきています。増加の理由としては、仏式の場合はお布施や戒名料が高すぎる、お金が掛かりすぎることが挙げられます。無宗教葬のメリットとしては、お寺も教会も関係なく、家族のみでお別れの会を執り行いますので、いわゆる昔のお葬式と比べてお金が掛からないことでしょう。こういった式を行うのは若いご家庭だけでなく、高齢者層も多いようです。檀家になっていたお寺と揉めたり、地域の葬儀のしきたりなどで嫌な思いをしたという方に選ばれています。

無宗教葬が注目されています

ご家族が亡くなってしまった場合には葬儀を行う必要がありますが、その一般的な費用は200万を超える大きなものとなります。そこで、費用を要さないものが注目されており、その一つが無宗教葬です。一般的なお葬式は仏教のスタイルで行われ、その宗派も浄土真宗や真言宗、曹洞宗と地域によって異なり手配が複雑なことや、僧侶の手配には高額なお布施やお車代がかかることからら、宗教観にとらわれない葬儀であれば費用が抑えられるというメリットが増加理由となります。通夜や告別式といったセレモニーを要さず、火葬のみでおこなうことも可能ですので、低価格で時間も要さないことは大きなメリットといえます。

↑PAGE TOP