ホモ・サピエンスなどの人間の場所について

人間などについて練習しました。人間のユニットには、サヘラントロプス・チャデンシス、アウストラロピテクス・アフリカヌス、ホモ・ハビリス、ホモ・エレクトス、ホモ・ネアンデルターレンシス、ホモ・サピエンスがあります。160万年頃前に出現したホモ・エレクトス(直立原人)は、アフリカ大陸から欧州や東アジアへと攻撃し、旧石器や火を使用しました。第四紀には有力氷期が4回ありました。ホモ・エレクトスは30万年頃前に消えましたが、人間の祖父は2回の氷期をのりきりました。第3および第4氷期の寸法の寸法氷期(10万年頃予行)には、ホモ・ネアンデルターレンシス(ネアンデルター個人)とホモ・サピエンス(クロマニヨン個人を取り込むやつ)という独立した2つのユニットがいました。ネアンデルター個人は、そこそこ洗練された対処の石器を用いて狩りを行っていましたが、3万5000年頃予行頃に消えました。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。ミュゼ予約変更