雲の進展のことと立て直しクラスについて勉強してた

雲のことなどについて稽古しました。発達気流の中で、氷晶やスノーのクリスタルが共に衝突するときに、しょうもない氷晶やスノーのクリスタルは丁度帯電して雲の上部に入り込み、あられのような広い氷晶は負に帯電して雲の釘付けに集まります。こういうときに掛かる放電が雷光だ。地表近くの温度が高さとともに低下しないで、反対に高くなることがあります。これを温度の逆襲と済む、逆転してある要素を逆襲階級といいます。逆襲階級では場合空気の鉛直方向の基調が涸れるので、煙やゴミなどの汚染物体は下層に滞ります。逆襲階級は快晴の真夜中、放散アイシングによって地表ことの気温が下がり、それに接した空気の下層が冷やされることによって生じます(接地逆襲)。また、刺々しいフィーリングの上に優しいフィーリングの流れがある場合や、高気圧の中で下降するフィーリングの断熱収斂にともなう気温発達によっても、逆襲階級が生じます(上空逆襲)。このようなことを稽古しましたが、知らないところがあったので、知れて良かったです。http://www.bikker.co/