下宿がいつの間にかなくなってしまいました

日本の都会の住宅が狭いというイメージは、明治のころからだと思うのです。漱石先生の、こころにも、市ヶ谷にある下宿先に、広いイメージはありませんね。狭い部屋でも、お母さんtお娘なので、物騒なので、学生さんにお部屋をお貸しするということです。自分がやれと言われtできるのかどうかはわかりませんが、昔の下宿システムが、もっとあったらいいなあと思います。これって、いつから、なくなってしまったのでしょうか。70年代でしょうか。80年代は確実にありませんでした。今でも、その名残で、下宿といいますが、アパートを賃貸することを意味します。
下宿の奥様のような方がいなくなってしまったし、スペースが狭いのに、物があふれていた時代がやってきたので、人にお貸しするところではなかったのです。
下宿があると、大学生も寂しくはないでしょうね。家に帰ると暖かい感じもすることでしょう。明かりがついているというのは大事なことですよね。